久しぶりに会って

この間、久しぶりに学生時代の友人たちに会いました。みんな育児に仕事に家事に忙しくてなかなか合う時間がとれずやっと全員集合した感じの集まりでした。数年会わなかった友人たちはみんなそれなりに年をとっていて(もちろんわたしも)もう若くないね~なんて話しましたが、やっぱり昔からの友人たちなので数分もすれば昔の感じをとりもどしました。もう全員しゃべるしゃべるで、4時間あっというまという感じでしゃべりたおしました。どの友人の近況を聞いてもどこかしらに、おもしろい部分があってお互いつっこみをいれては笑ってといった感じでした。見た目は全員おばさんになってしまいましたが、やはり中身はそう簡単に変わらないものだなと思った一日でした。忙しい毎日ですが、また時間があったらみんなで集まって昔に戻っておしゃべりしたいなとおもいました。学生の頃は気付かなかったけれど、みんなで集まっておしゃべりできるっていうことは幸せなことなんだなと思いました。

やはり複雑な心境

夫婦仲が悪く、いつも愚痴を言っていた友人がとうとう離婚しました。ランチを食べながら離婚届けを提出するまでの顛末を聞きましたが、財産分与や子どもの親権を取ることなどが希望通りになったことで友人は上機嫌でした。

婚姻中のほぼ全期間に亘る配偶者の不倫で疲弊し、病院通いばかりしていたことを思えば離婚は正解なのだろうと思います。それでも複雑な心境になってしまうのは、私自身の両親が離婚し、嫌な思いをしているからだと思います。3組に1組は離婚すると言われている時代ですから珍しいことではありませんが、子どもは重荷に感じることがあるはずです。

友人自身が悩み、苦しんで出した結論ですから応援はしています。お子さんのためにも体に気をつけて、元気なママでいて欲しいと思っています。