だしをとった煮物はおいしい!

季節柄、一年に一度しか作らないごちそう作りを開始しました。
うちの地方独特?の煮ものをつくるため、まずはだしを取ります。
干ししいたけ、干し貝柱、鰹節。
しかし、私はすっかり鰹節を忘れていて、切った材料を火にかけてから思い出しました。
まずい!!
慌てて火を消し、隣のコンロでだしとり。
水の割に、「うそお!やめてえ!!」(by美味しんぼ)な量の鰹節を投入。
これでおいしいだしにならなかったら、それこそ嘘です。
取っただしを鍋に入れ、再び火にかけました。
味付けは、酒、みりん、しょうゆといたってシンプル。
でも、煮るものが里芋、こんにゃく、ごぼう、にんじん、銀杏といろいろだし、だし用の干し貝柱、干ししいたけも入るので、味が複雑になります。
出来上がりは、
ウマー。
一年に一度の煮物、今年も大成功でした(^^)v

おいしい!シンプル!常夜鍋

寒くなってくると鍋料理が欠かせないですね。
私も作る手間が楽だし、洗い物も少ないしで、鍋をよくするようになりました。(ずぼら)
よくするのは、寄せ鍋、おでん、白菜鍋ですが、時々すごーく食べたくなるのが常夜鍋です。
これも、いたってシンプル。
ほうれん草と豚バラ肉を、こぶを敷いた鍋の中でしゃぶしゃぶして、大根おろしとポン酢で食べるのです。
それが、あなた。
豚の脂が程よく落ちるし、ほうれん草も豚肉も甘くて、さっぱり、本当にいくらでも入ってしまうのです!
うちは昨夜、なんとほうれん草2把、豚肉800を、夫と二人で行ってしまいました。
大根も、20センチ近くおろしたかも。
ポン酢はちょっといいのを使うのがおススメです。私は馬路村のが好きです。
ほうれん草のあくが出るため、終わった鍋での締めはできませんが、本当においしい!
お試しあれ。

久しぶりにラーメンを食べました

子どもが生まれる前は、夫婦でよくラーメンを食べに行っていました。
夫婦共ラーメンが大好きなので、ラーメン雑誌を買って、休日にわざわざ電車や車で遠方まで出かけて食べに行くなんてこともありました。
でも、子どもが生まれると全然食べに行けなくなりました。
ファミレスとかなら少しの時間行けるようにはなってきたけれど、子どもに対応してるラーメン屋さんなんてほとんどなくて、いつも美味しそうなラーメン屋さんを見かけるたびに、指をくわえて通り過ぎる日々でした。
けれども先日、『小さいお子様大歓迎』との看板を掲げるラーメン屋さんを近所に発見。
行ってみると、ちゃんと子ども用の椅子やエプロン、お茶碗やフォークなどが完備されてました。さらに麺切りカッターもあってびっくり。
こういうお店が増えてくると、ラーメン好きとしてはありがたいです。